肌がきれいな女性

ヒルドイドはアトピー性皮膚炎やしもやけ、打撲によるあざや怪我をした時に起こるケロイドの予防などに用いられる外用薬です。有効成分はヘパリン類似物質ですが、人の体内にもともと備わっているヘパリンと似た働きをする物質です。ヘパリンは血液が凝固するのを抑えたり、血栓を予防する効果がありますがヘパリン類似物質を塗ることにより皮膚の血行が良くなります。皮膚表面の血管にできた血栓を溶解させる効果もありますし、構造的には保水力も強いことが言えます。

皮膚の深部の線維芽細胞に働きかけるので、傷ができた時に起こりやすいケロイドも予防する効果があります。ヒルドイドはヘパリン類似物質を有効成分にしているので、強い保湿力や血行促進・抗炎症作用などの効果が見られます。この作用が加齢によるしわや乾燥肌など、女性の肌悩みに対して期待できることで多くの人に人気が広まっています。またネットの美容サイトや美容雑誌などでも、高い美容液などの化粧品を購入するよりもヒルドイドの方が費用効果が高くやすいという特集を行なっていました。

これにより皮膚科の病院などで美容目的として、ヒルドイドの処方を求める人が多くなっています。ヒルドイドは医療用医薬品になるので、薬だけを処方してもらい購入することは基本的にできません。医師の診療や治療を受けてそこで処方箋を書いてもらうことで、薬局で調剤してもらえる手順があります。これを処方してもらうには医療医薬品になるので、健康保険が適用されそこで支払われる自己負担金以上に、たくさんの社会保険料・税金が投入されることになります。このことがきっかけになり美容目的での健康保険の利用は認められていないですし、患者が自分の使う薬を勝手に決めることも許されておらず、薬の処方は医師がすることになっています。

同じような症状に見えても体質や体重など個人の差により、薬の適切な使用は変わってくるので医療用医薬品は処方された患者以外の人が使ってはいけないことになります。しかしヒルドイドを目的にしている人たちは、それを目的に指定してくることも少なくなく、保湿クリームがわりに欲しいという人もいます。子供などの家族に対して処方されているクリームを、親が自分の顔に使用しているケースも見られるため病院処方の場合は規制がかかる場合もあり注意が必要です。特に全ての市区町村が導入している、子供が一定年齢になるまでの医療費自己負担を無料にすることがあり、それによりヒルドイドも無料で入手していると言えます。

ヘパリン類似物質を主成分としている市販品は他にいくつか流通していますが、ジェネリック医薬品であれば安い価格設定になっているものもあります。薬剤師箱のような市販品の情報にも詳しいので、なんでも相談できるかかりつけの薬剤師を見つけておくことで規制をかけられながらの入手をしなくてもよくなります。ヒルドイドで代用できる市販クリームの情報も、教えてくれる可能性があり安く購入することができます。

また、主成分がヘパリン類似物質であり、さらに処方せんが必要ではない含有量に設定されている市販品があります。価格は取り扱っている薬局によっても違いますが、25g入りで1本あたり900?1,300円ほどになります。アトピー性皮膚炎などで処方されている薬が、親の手に渡り使用されることにより次第にアトピー皮膚炎で実際にヒルドイドを必要としている人にとって処方に規制がかかり始める可能性もあります。こうした市販品が流通しているので、あえて医療機関を受診して処方箋をもらったり子供が処方された薬に手を出さなくても、安く入手し安心して使うことができます。